自宅作業を立ってすればダイエットもできる

コロナウイルスで自宅作業の時間が増えた人もいるでしょう。自宅にいる時間が増えるほど歩くことも減って、体重が増えてしまった人もいるのではないでしょうか。そんな人におすすめなのが立っている時間を増やすことです。立っているだけで1分当たり0.1キロカロリー消費するという報告があります。

グラマラスパッツ

とても少ないように感じますが、1日の仕事時間のほとんどを立って作業すれば、ウォーキングなどの運動ができなくても多くのカロリーを消費できることになります。これを1年も続ければ、その効果も実感しやすくなるでしょう。長時間座って作業をすると血流が悪くなり、糖尿病や高血圧、脳梗塞などの病気になりやすいと言われています。

立って作業をすることは、ダイエットになるだけでなく、健康管理にもつながります。会社勤めでのデスクワークでは、一人だけデスクの前で立って作業をするのは難しいでしょう。しかし、自宅での作業ならだれも見ていないので立っての作業もしやすいです。コロナで外出も控えることを求められるようになった今では、部屋の中での運動が必要です。しかし、部屋の中は狭いために、外と同じような運動は難しく、どうしても運動不足になってしまいます。

外と同じような運動ができなくても、ただ立っているだけである程度のカロリー消費が期待できます。長時間の作業になるほど体を動かすことも必要なので、ダイエットも兼ねて、自宅作業をするときは立っている時間を増やしてみてはいかがでしょうか。