子供の口臭に注意しよう

自分の子供ができた場合は、小さい時の子供の口臭に注意します。子供は、甘い物を食べたりする事が多くどうしても虫歯などの歯の病気を発症しやすいですよね。ただ、子供が7歳までは自分で虫歯になっている事に気付きにくくて、悪化してから気付くパターンが多いです。また、小学生だと学校の歯科検診で虫歯などの病気が発見されるケースも多いです。そこで、子供の口臭をたまにチェックして異変に早く気付くようにします。口の中で病気の元になる菌が増殖すると、口の中が臭くなる事が多いです。つまり、口臭がちょっと臭いとなると、歯の病気になっている可能性もあります。

http://amiko-a3.com/

また、病気になっていなくても口臭を放置しておくとさらに臭くなってしまうので子供に対して定期的に歯磨きをするようにします。子供の中には、歯ブラシが嫌いな子もいるので子供が磨いていないパターンもあります。そこで、子供が歯を磨く所をしっかりとチェックして、間違った歯磨きをしていたら正しい歯磨きの仕方を教えるようにします。こうする事で、歯を清潔にできて虫歯などの病気のリスクを下げます。それが、口臭予防にもつながってきます。ただ、まず親が歯磨きの正しい仕方をマスターする必要があります。